第1条(利用規約の目的及び利用契約の成立)

1 BonBon-ID利用規約(以下「本規約」といいます。)は、BonBon株式会社(以下「当社」といいます。)の提供する各種サービス(以下「本サービス」といいます。)に関して共通して発行されるID(以下「共通ID」といいます。)の利用を目的とするBonBon-ID利用契約(以下「利用契約」といいます。)の内容を定めたものです。

2 本規約は、当社の定める手続にしたがい本サービスを申し込み、当社により当該申込みを承諾された者(以下「利用者」といいます。)に適用されるものとします。

3 利用者が、当社の定める手続にしたがい本サービスを申し込み、当社が当該申込みを承諾する旨の意思を表示した時点で、利用者と当社との間で、本規約に規定する内容による利用契約が成立するものとします。

4 当社は本サービスに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等各種の定め(以下「個別規定」といいます。)を規定することがあります。個別規定はその名称の如何に拘わらず利用契約の一部を構成するものとします。

5 本規約の規定が前項の個別規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定が優先されるものとします。

第2条(共通IDの発行及び連携)

1 当社は、当社の定める方法によって本サービスの利用登録を完了した利用者に対し、本サービスに共通してログインすることのできる共通IDを発行します。なお、本サービスの利用に際しては、本サービスごとに利用申込みを行う必要があり、利用登録が完了していない本サービスについては共通IDのみでは利用できませんのでご注意ください。

2 当社は、利用者の承諾を得ることなく、共通IDの対象となる本サービスの内容の全部若しくは一部を追加、変更または削減することができるものとします。

第3条(登録情報の変更)

1 利用者は、前条の利用登録情報に変更があった場合には、当社所定の方法に従い、速やかに変更後の情報を当社に通知するものとします。

2 利用者が前項の通知を怠ったことにより不利益を被った場合であっても、当社は、これについて一切の責任を負わないものとします。

第4条(共通IDの管理責任)

1 利用者は、共有ID及びパスワードを自己の責任において適切に管理するものとします。

2 利用者は、理由の如何に拘わらず、共通ID及びパスワードを第三者に貸与、譲渡してはならず、また、第三者との間で共有、共用してはなりません。

3 本サービスへのログインに用いられた共通IDとパスワードの組合せが利用登録された情報と一致した場合には、当該共通IDを登録した利用者自身による利用とみなします。

4 共通IDまたはパスワードが第三者によって使用されたことによって生じた損害については、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとします。

5 利用者は、共通IDまたはパスワードの不正利用、第三者への流出が判明した場合には、直ちに当社にその旨連絡するものとします。

6 利用者は、定期的にパスワードを変更しなければならないものとし、その義務を怠ったことにより利用者または第三者に発生した損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(共通IDの連携の停止または解除)

1 利用者は、以下の事由のいずれかに該当する行為またはそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。利用者が当該行為を行っていると当社が判断した場合は、当社は利用者に事前に通知することなく共通IDの連携の全部もしくは一部を停止または解除し、または、利用契約を解除できるものとします。

① 本規約または個別規定のいずれかに違反した場合

② 本サービスの利用登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

③ 本サービスの料金等当社に対する債務についての不履行があった場合

④ 当社からの連絡を受領後、1か月以内の間に返答を行わない場合

⑤ 本サービスについて、最終の利用から一定期間利用がない場合

⑥ その他当社が本サービスを利用することを適当でないと判断した場合

2 当社は、前項に基づき当社が行った行為により利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第6条(損害賠償)

1 利用者は、本規約に違反することにより、または本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその全ての損害(弁護士等専門家費用及び当社人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。

2 利用者による本サービスの利用に関連して、当社が他の利用者またはその他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合、当該利用者は、当該請求に基づき当社が当該第三者に支払いを余儀なくされた金額及び当該請求に係る紛争等の解決のために当社が負担した金額(弁護士等専門家費用及び当社人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。

第7条(準拠法)

利用契約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。

第8条(裁判管轄)

利用契約に関する一切の紛争については、京都地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第9条(本規約の変更等)

1 当社は、本規約の内容を、当社の判断に基づき、利用者に対する事前の予告なく変更することがあります。この場合、変更された本規約は当社のウェブサイト(https://bon-bon.co.jp/bonbon-id-terms)に掲載し、変更後の本規約の改定日が到来したことをもって、変更後の内容の効力が発生するものとします。ただし、当該変更内容が本サービスの基本的な事項に関わる場合、当社は、当社が別途定める方法により、事前に利用者に対し変更の内容等を通知するものとします。

2 前項の掲載日と通知日のうち、いずれか早い時点から1週間以内に、利用者が当社に対して書面により異議を申し立てなかった場合、利用者は、当該変更後の本規約の内容に承諾したものとみなし、当該内容は利用契約の内容を構成するものとします。

3 利用者が、前項の期間内に、当社に対して、書面により異議を申し立てた場合、当社と利用者は協議をしたうえで解決を図るものとします。

第10条(本規約の有効性)

本規約または個別規定のうち、その一部が違法、不当、その他何らかの理由により無効であると判断された場合でも、他の部分の有効性には影響を及ぼさないものとします。

第11条(存続条項)

 利用規約が終了した場合であっても、第3条2項、第4条2項ないし6項、第6条ないし第8条、第10条及び本条については引き続き効力を有するものとします。

以上